【博多女子高等学校】3連覇を目指しましたが優秀賞の2位!

【商業高校オリンピックinふくおか】

3連覇を目指した博多女子高校商品開発のメンバーは優秀賞の2位

hakata02
悔し涙がいっぱいでした。
「悔しい想いが次に繋がる」なんて言葉、今はたぶん伝わらない。
いつかちょー嬉し涙を味わってもらいたい。

彼女たちの商品開発担当の先生は
「次に向かうコト、後輩たちに繋げるコト」
を必死に涙をこらえながら、伝えてました。

でも、生徒がいない廊下では化粧が崩れるくらい悔し涙を流してました。

彼女たちと数ヶ月歩んでの今日。
「賞を獲る為に私達の活動はあるんじゃない」
なんて事は分かったうえでの今日。

競う相手がいて、評価で下になればマジな分だけやっぱり悔しい。
それが普通の姿です。
まのあたりにした感じです。

ですが、そこはパワー溢れる高校生。「イエ~イ!」とカメラを向けると弾ける笑顔達。

 

博多女子高校商品開発の授業から見えた彼女たちの成長

hakata01

今日、登壇したのは代表でふたり。
登壇直前に、座っている私の所に来たリーダーが無言でいきなり握手を求めた。
だから、握り返しました。
「あんた、そんなにかっこよかったっけ」

1年間彼女たちと関わって、私の方が勉強になったコト、学んだ事の方が間違いなく多いです。
ガラッと変わるくらい、気付かされた確かなコトがたくさんあります。
「枠を外そう」なんて伝えながら、「枠をもっと外さないかん」のは私の方でした。
私にとっての第一期生18名、彼女達にとっての第一期生も密かに私 笑。

hakata03

いつか仕事で繋がるメンバーがいれば、やっぱりおもしろいです。

【博多女子高校・商品開発】-社会人になる前の2015実践Story01 >>>

■福岡文化学園 博多女子高等学校>>>


2015-12-23 | Posted in ProductFactoryNo Comments » 

関連記事