toggle
2021-03-31

【女史コラム】5年間働いての総括。そしてこれからに向けてのまとめ記事【R2】

石の上にも、5年だった

うちの代表がよく言うことです。

「3年じゃわからない。何か出来るようになるには、最低でも5年よ」

と。

「長くない?」と心で突っ込んでいたけど、笑 その言葉の意味がよくわかった5年目の終わりです。

匍匐前進で手探りで悩んで悩んで苦しんでもがいたけど、、、笑 笑って楽しんでバンザイして喜ぶような結果も出てきました。

5年間、続けてよかった。

5年間でわかったこと

残念ながら、私には特別な才能もセンスもない!笑

むしろ、人より下手くそなマイナスから始まることの方が多いくらいです。

だけど、一生懸命逃げずにアジマで取り組んできた5年間がある。その5年間が、今の私の”出来ること”を作ってくれました。

人間としての基礎も。

嫌なところもダメなところもたくさんあるけど、今の自分は、少しだけ悪くないと思える。

後輩に「輝いてみえるし、軸があると思う」と言ってもらえた5年目。それはここで頑張った5年間が作ったんだよと、伝えたい。

あなたにも、一生懸命頑張った5年後にきっと分かると思うな。

3人は、きちんと社会でチームだ

今年は後輩が入ってきて、本当に仕事が楽しくなりました。3人それぞれの得意分野や性格も違って、掛け算するとかなりいい感じ。そしてさらに一緒に頑張ってくれている仲間も増えてきて、もっともっといい感じ。

私は、よく笑うようになった!

「こんなチームは他では作れない」と思うから、このメンバーで実績を出したい。心からそう思います。

女性として生きること

女性特有の身体の不調、感情の起伏など、じつはもう何年も何年も自分自身の課題としてきました。

食生活の改善、ストレスケア、運動の習慣、東洋医学のことなども勉強し、今でも学びを更新しています。

「あと何年、立ち止まらずに現場にいられる?」

そんなこともリアルに考えるようになりました。

人には様々な生き方やそれぞれの幸せの形がありますが、自分も自分なりに納得できる幸せの形が作れるように。

それが、大切な周りの人も幸せにする形であるように。そして、私の経験がこれからの後輩達の礎になれるように。

ある時、取材先で言われた心に残っている言葉があります。

「何かを言い訳にしたらダメだよ。全部やりなさい」

そっか、全部を叶えることを諦めなくていいんだ!と思いました。だから、6年目も自分なりの “挑戦” を続けたいと思います。

ただ、目の前のことに夢中になる

今年は、人を信じるのが嫌だなと思った出来事もいくつかあり「結局、こんなに頑張って何になるんだろう?」と、感じたこともありました。

虚無感でぼんやりしてた時期もあったけど、でもやっぱり、何かを一生懸命やらないと、面白くない。

目の前のことに夢中になること。仕事でも趣味でも!

(ダンスもっとうまくなりたい!)

これを大切に、また走り出そうとしている6年目です。

始めよう!6年目

できることも増えて楽しくなってきた仕事。

最強に楽しいアジマメンバー。

そしてアジマを大切にしてくれる周りのみなさん。

噛み締めながら、ぼちぼち走り始める6年目。

至らないところもまだまだたくさんありますが、6年目も、どうぞよろしくお願い致します!

 

最後に。

一緒に仕事をしてくださるみなさんと、家族と、そして何よりも児玉、代表の安武に、心より感謝の気持ちを込めて。

ありがとうございます。

6年目もどうぞ、よろしくお願いします。

5年目を終えた室井


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です